王会長、最終戦勝利を絶賛「日本中の人が感激している」

[ 2014年10月20日 22:54 ]

<パCS ソ・日6>松田(右)と握手を交わす王会長

パ・リーグCSファイナルS第6戦  ソフトバンク4―1日本ハム

(10月20日 ヤフオクD)
 祝勝会では後藤オーナー代行、王会長、秋山監督があいさつ。鏡開きに続いて選手会長の松田の乾杯の音頭とともにビール掛けが始まった。

 王会長は「本当に素晴らしい。最後の最後に勝つというのは素晴らしい。日本中の人が感激していると思う。みんな一緒に日本シリーズも乗り切ろう」と呼び掛け、秋山監督も「あとは日本シリーズだけ。目いっぱいやっていこう。悔いのないようにやろう。もう1回やりましょう」とゲキを飛ばした。

 その後、松田選手会長の掛け声で選手らがビール掛けが開始。今季2度目の歓喜の声であふれ、用意された3000本のビールなどが、瞬く間に泡となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月20日のニュース