広島 緒方新監督が14日にも誕生へ!生え抜き昇格は既定路線

[ 2014年10月13日 05:30 ]

広島の来季監督に決まった緒方孝市野手総合コーチ

 広島が、今季限りで辞任する野村謙二郎監督(48)の後任として、緒方孝市野手総合コーチ(45)の内部昇格を決めたことが12日、分かった。

 この日の試合後、緒方コーチは「正式なもの(就任要請)はない」とした上で「チームが強くなるために貢献したい気持ちはある」と明言。早ければ、球団首脳との面談が予定される14日にも正式決定する。

 広島はCSファーストステージを3日後に控えた8日に野村監督の電撃辞任を発表。野村監督は「シーズンが始まる前から、今季でけじめをつけようと思っていた。5年という節目の中で決断させてもらった」と辞任の理由を説明していた。

 松田元オーナーは後任候補について「現場で戦っている者に対して失礼なことはしない。全てが終わるまでは動くことも、考えることもしない」と言及。チームの全日程終了を待って新体制づくりに着手する考えを示していた。チームのCSファーストステージ敗退を受け、来季は緒方新監督の下で戦う方向性が固まった。

 緒方コーチは09年の現役引退後、1軍で守備走塁、打撃コーチなどを歴任。近い将来の「監督候補」として、今季は野村監督を作戦面などでも支える野手総合コーチに就任した。指揮官からは「その存在がどれだけ頼りになったか」と厚い信頼を寄せられていた。一方で「今年は(野村)監督の横にいて、試合に臨む姿勢や采配面を勉強させてもらった」と緒方コーチ。球団にとっては、生え抜きということもあって昇格は既定路線。正式発表を経て、20日の秋季練習からチームの指揮を執ることになる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース