福留 好調維持打!第1戦V弾が2戦両軍唯一打点に

[ 2014年10月13日 05:30 ]

<神・広>5回無死、福留は左前打を放つ。投手・大瀬良

セ・リーグCSファーストS第2戦 阪神0―0広島

(10月12日 甲子園)
 ファーストステージで両軍唯一の打点を叩き出した阪神・福留は「本当は勝って突破できたら一番良かったんだけどね」と言いながらも、素直に喜んだ。

 この日もレギュラーシーズンで15打数6安打と得意にしていた大瀬良から5回に左前打を放つなど好調を持続。巨人とのファイナルステージに向けては「頑張ります」と静かに闘志を燃やしていた。

 ▼阪神・西岡(開幕2戦目以来の1試合3安打)チームが勝てばいい。投手が頑張ってくれた。もっと打撃陣が点を取って楽にしたかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース