日本ハム 谷元が痛恨被弾…“左打者キラー”宮西不在響く

[ 2014年10月13日 05:30 ]

<オ・日>8回2死一、二塁、T―岡田に逆転弾を浴びるなどして降板する谷元

パ・リーグCSファーストS第2戦 日本ハム4―6オリックス

(10月12日 京セラD)
 本来ならば「左打者キラー」の左腕・宮西が投げる場面だった。1点リードの8回2死二塁で、日本ハム・谷元は3番・糸井を敬遠で歩かせた。打席に迎えたのは今季24本塁打のT―岡田。しかし、谷元は続投し、逆転3ランを浴びた。

 試合後の栗山監督は「宮西に連投はさせないと決めていた」と明かした。この日、左腕はベンチから外れていた。第1戦で2番手で2/3回を無安打に抑えたが、シーズン終盤に出場選手登録抹消となった原因の「左すねの内側の痛み」は万全ではなかった。先発の左腕・吉川をロングリリーフ要員として登録したが、走者を置いた場面の救援にはリスクがあった。

 宮西は第3戦では、再びベンチ入りする。T―岡田の一撃をベンチで見た指揮官は「久々に汗でびっしょりになったが、考え込んだ末に打った手だからね」と悔いはなし。むしろ、晴れやかな表情は決戦を待ち望んでいるようにも見えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース