大谷 指名打者で出場も 栗山監督「1日空いたことで選択肢も広がる」

[ 2014年10月13日 15:43 ]

 終盤で逆転負けを喫した第2戦から一夜明け、日本ハムナインはショックを引きずる様子も見せずに体を動かした。第1戦に登板した大谷は打者としてフリー打撃に臨み、ドーム内に快音を響かせた。

 大谷の起用法について、栗山監督は「1日空いたことで選択肢も広がる」と話すにとどめた。今季は投手で登板した2日後から打者として起用されたケースは何度もある。負ければ後がない状況だけに、「5番・指名打者」で出場する可能性は高い。

 今季は豪快な10号本塁打を放つなど、京セラドーム大阪では打者で活躍した印象が強く残る。「イメージは悪くないが、短期決戦なので関係ない。西さんにしっかり合わせていきたい」と対戦する相手投手だけを考え、静かに闘志を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース