法大連敗7で止めた!畔上スタメン落ちも意地の3打点

[ 2014年10月13日 05:30 ]

<法大・明大>2安打3打点を挙げた法大・畔上(右)

東京六大学野球第5週第2日 法大6―1明大

(10月12日 神宮)
 法大主砲の畔上が意地の3打点を挙げた。

 開幕から4番に座ったが、打撃不振で前日に7番に降格。この日、ついにスタメンから外れたが「いつでも行く準備はしていた」と6回に代打で同点の左越え適時二塁打を放った。7回にも左中間2点二塁打を放ち、開幕からの連敗を7で止める勝利に貢献。前日の試合後には青木久典助監督と1時間の特打を行い「熱心に教えていただいた。本当に苦しかったが、勝てたのは大きい」と喜びをかみしめた。

 ▼明大・善波達也監督(開幕6連勝ならず)山崎は立ち上がりは良かった。その後粘れなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース