オリックス T―岡田 祝福メールの嵐 切り替えて「120%できるように」

[ 2014年10月13日 17:36 ]

劇弾から一夜、Tー岡田の表情も明るい

 午前9時に順延が決まり、オリックスは全体練習に切り替えて調整した。

 前日、劇的な逆転3ランでチームを救ったT―岡田は「この勢いのまま試合に入りたかったが、天気だけは仕方ない」。前日の日本ハム戦は、実数発表となった05年以降、セラドームでのオリックス主催試合で史上最多の観客動員数をマーク。その中でお立ち台にも上がった反響も大きく、知人からは祝福の嵐だったようだが、「心を整理してプレーボールから120パーセントできるようにしたい」と、しっかり気持ちを切り替えた。

 森脇監督は「戦っている最中は起こることをポジティブに考えるべき。中継ぎ陣には、一息つける」と、中止も前向きにとらえていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2014年10月13日のニュース