関西独立リーグ消滅へ 全3球団の脱退確実

[ 2013年12月12日 12:52 ]

 野球の関西独立リーグに所属する全3球団の脱退が12日までに確実となり、同リーグは事実上消滅することになった。

 兵庫と06ブルズは既に脱退届を提出しており、紀州も12日、和歌山市内で開いた記者会見で11月に他の2球団に脱退の方針を伝えていたと発表した。関係者によると兵庫、06ブルズと紀州のリーグ運営をめぐる対立が原因という。

 今後は兵庫が06ブルズに新球団を加えた3球団による新リーグ設立を目指し、紀州は社会人チームでの活動を目指していくとした。

 関西独立リーグは国内3番目のプロ野球独立リーグとして2009年に発足した。球団が頻繁に入れ替わるなど不安定な運営が続いていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月12日のニュース