熊本県 故川上哲治氏に栄誉賞

[ 2013年12月12日 12:08 ]

 熊本県は12日、「打撃の神様」と呼ばれる活躍で日本中に勇気を与えたとして、10月に93歳で死去した同県出身の元プロ野球選手川上哲治氏に県民栄誉賞を授与した。

 東京での式典には長男の貴光さんが出席。蒲島郁夫知事が表彰状や副賞の金工品「肥後象がん」を贈呈。

 川上氏は人吉市出身。1938年に熊本工業学校(現熊本工高)から巨人に入り打撃の第一人者として活躍。61年に巨人監督に就任し、65年から9年連続日本一の偉業を達成した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月12日のニュース