西野、ロッテの伝統背番「29」継承!育成からエース候補に

[ 2013年12月12日 16:44 ]

伝統の背番号「29」を継承することが決定した西野は村田兆冶、小野晋吾の写真を手に笑顔

 ロッテの西野勇士投手(22)が12日、QVCマリンフィールドで契約更改交渉に臨み、「マサカリ投法」の村田兆治氏(64)に代表される伝統の背番号「29」を継承することが決まった。

 西野は2008年の育成ドラフト5巡目でロッテ入り。昨秋のキャンプから支配下登録され、今季は24試合に登板して唐川、古谷と並ぶチームトップの9勝(6敗)をマークした。

 球団は今季前半戦の快進撃とチームの3年ぶりのAクラス入りの立役者になった西野の活躍を高く評価。「29」を背負っていた小野が今季限りで現役を引退したため、西野に変更を打診していた。

 「チームを支えられる選手になれたら」と決意を語った西野。この日の契約更改では2200万円増の年俸2640万円でサイン。年俸は440万円から6倍になり「驚きました。うれしいです」と喜んでいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月12日のニュース