ドラ3嶺井のDeNA入団決定 愛称は「ハマのシーサー」

[ 2013年12月12日 18:12 ]

入団会見で中畑監督とポーズをとるDeNAの嶺井博希捕手

 DeNAからドラフト3位で指名された亜大の嶺井博希捕手(22)=175センチ、85キロ、右投げ両打ち=は12日、横浜市内の球団事務所で入団交渉を行い、契約金6000万円、年俸1000万円で契約した。背番号は39。

 DeNAの新入団発表は11月中に終わっているが、嶺井は母校の沖縄尚学高で教育実習を行っていたため契約が遅れていた。嶺井は記者会見で「安定した守備で貢献したい」とアピールし、沖縄出身らしく魔よけの置物の名前からニックネームには「ハマのシーサー」を希望した。

 会見に同席した中畑監督は、亜大の明治神宮大会優勝に貢献した捕手に「勝ち運を持っている。1年目からいい勝負ができる」と期待した。(金額は推定)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年12月12日のニュース