メッツがコローンと合意 マリナーズは積極補強

[ 2013年12月12日 09:09 ]

 大リーグの関係者が一堂に会するウインターミーティング第3日は11日、フロリダ州レークブエナビスタで開かれ、メッツがアスレチックスからフリーエージェント(FA)となった先発右腕のコローンと2年総額2000万ドル(約20億6000万円)で合意したとスポーツ専門局ESPN(電子版)などが報じた。

 40歳のコローンは今季18勝6敗、防御率2・65。エンゼルスでプレーした2005年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)に選出されている。

 岩隈が所属するマリナーズはブルワーズからFAの外野手ハートと1年契約で合意したとチーム公式サイトが伝えた。31歳のハートは両膝の手術のため今季の出場がなかったが、昨季は30本塁打、83打点。またトレードでマーリンズから内野手モリソンを獲得することにも合意した。マリナーズは強打の二塁手カノと大型契約で合意しており、積極的な補強を進めている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年12月12日のニュース