マー君 人生初Vパレードに絶叫締め「ありがとう!」

[ 2013年11月25日 05:30 ]

沿道の声援に応える田中

 球団創設9年目で初の日本一を達成した楽天の優勝パレードが24日、本拠地の仙台市内で行われ、約21万4000人(パレード実行委員会発表)のファンが沿道を埋めた。今オフにもポスティング・システム(入札制度)で大リーグに挑戦する可能性のある田中将大投手(25)にとって人生初のパレード。ファンから「ありがとう!」と歓声を送られ、「ありがとう!」と感謝した。海を渡れば、楽天での最後のユニホーム姿となる。

 目の前には見たこともない光景が広がった。普段から見慣れた町並みが一変し、21万4000人が沿道を埋め尽くす。みんなの笑顔、降り注ぐ「ありがとう」の歓声。テンションが上がった。最後尾の5号車から手を振った田中は、大観衆に向かって何度も絶叫した。

 「ありがとう!」。人生初めてのパレード。わき上がったのはファンへの感謝の思いだった。

 「本当にたくさんの方々がこのパレードを見るために集まってくれて、凄い歓声もいただけた。優勝した喜びを皆さんと分かち合うことができて、また、こういう形で報告することができてよかったと思います」

 快晴の仙台。市街中心部を南北に走る「東二番丁通」の約1・5キロを凱旋した。うれし涙を流す地元のファンもいた。「マー君、本当にありがとう!」。仙台市民ら楽天を応援した人たちが声を張り上げて田中に伝えた感謝の言葉は、田中自身にとってもファンに伝えたい言葉だった。

 開幕から無傷の24連勝。リーグ優勝、クライマックスシリーズ(CS)突破、日本一を達成した瞬間も抑えで登板して3度も胴上げ投手となった。ファンは知っている。田中がいなければ、この歓喜の瞬間は訪れることはなかったことを。田中も知っている。声援がなければ、数々の連勝記録を塗り替えることはできなかったことを。

 昨年12月の契約更改交渉の席で将来的なメジャー挑戦の希望を伝え、球団も了承。現在は入札制度が失効しているが、日米間で早期の新制度成立を目指している。今オフに海を渡る決断を下せば、この日が最後の楽天のユニホーム姿となる。今後も表彰式などイベント続きとなるが「まだまだ(行事は)あるのでゆっくり休めないですけど、その中で体を動かしたり、オフにしかできないことをしていい時間を過ごしたいです」と語った。

 駒大苫小牧2年時に夏の甲子園を制覇。07年のプロ入りから注目を集め、東北の地で球界を代表する投手に成長した。11年3月11日には東日本大震災が発生。東北を本拠地とするエースとして「震災を風化させたくない」という思いは強く、ついに日本一に導いた。

 「優勝=ビールかけだったので、パレードのことは考えたことはなかったけど、いいものでした。またやりたいです」。悪夢のような大震災から989日。被災地・仙台が歓喜に包まれた2013年11月24日は、歴史の1ページとして刻まれた。楽天のエースにとっても、一生忘れられないパレードとなった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース