ライアン小川 海洋療法で疲れ癒やす「どこかで抜くことも大事」

[ 2013年11月25日 05:30 ]

チャリティー野球教室で小学生に投球フォームを指導するヤクルト・小川

 今季16勝を挙げて最多勝を獲得したヤクルトのルーキー小川が、海水などを使ったタラソテラピー(海洋療法)でシーズンの疲れを癒やす。

 神宮室内で行われたチャリティー野球教室に参加し「(オフは)ゆっくりとする時間も必要。タラソテラピーの施設で過ごそうと思う」と明かした。25日に発表される新人王の有力候補。侍ジャパンの台湾遠征にも招集されるなどフル回転しただけに「どこかで抜くことも大事」と来季に向けて英気を養う。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース