ケネディ大使 楽天の帽子かぶり記念撮影 自らショップで購入

[ 2013年11月25日 17:57 ]

 東日本大震災の被災地を訪れているキャロライン・ケネディ駐日大使は25日、陸上自衛隊東北方面総監部(仙台市)で、自ら購入した東北楽天ゴールデンイーグルスのキャップをかぶって記念撮影に応じるなどサービス精神を発揮した。

 撮影ではキャップ姿で田中敏明総監と並んで笑顔を見せた。JR仙台駅構内の楽天イーグルスグッズショップによると、ケネディ氏は同午前11時ごろに訪れ、プロ野球日本一を記念するキャップ3点とTシャツ2点など計6点を買ったという。

 ケネディ氏は宮城県の村井嘉浩知事への訪問の際も、大リーグでワールドシリーズ制覇をしたレッドソックスを引き合いに「楽天の日本一は素晴らしい」と述べた。ケネディ氏の父J・F・ケネディ元大統領の地元、米東部マサチューセッツ州には、レッドソックスの本拠地ボストンがある。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース