マエケン 常時153キロ超えの誓い「土台をよくすればもっと出る」

[ 2013年11月25日 05:30 ]

直球のスピードアップを課題に掲げた広島・前田健(右)は堂林とトークショーに参加

 広島の前田健が来季目標に常時153キロ超えを掲げた。「MAXの回数を増やしたい。常時、そういうスピードを求めていきたい」。

 今季8月27日のDeNA戦(マツダ)で自己最速の153キロをマーク。コンスタントにその数字を計測するだけでなく、来季は最速の更新も念頭に置く。「ボクの場合は、もとの体が人(他のアスリート)より劣る中でスピードを出せていた。土台をよくすればもっと出ると思う」。オフのウエートトレなどで体を鍛え、直球に磨きをかける意気込みだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース