「大和組」解散…独り立ち、森田&高浜との自主トレせず

[ 2013年11月25日 09:04 ]

 大和組、解散します!阪神・大和が来年1月は故郷の鹿児島県鹿屋市で自主トレを行わないことを明かした。毎オフ、グラウンドを借りて後輩の森田、高浜(現ロッテ)らと過酷なトレーニングをするのが恒例となっていたが、さらなるステップアップへ、それぞれが独り立ちすることになった。

 「理由は特にありません」と話した大和は、前向きな“離散宣言”であることを強調。公私ともにかわいがっている森田、高浜らとはファームが主戦場で1軍を目指していた頃から合同自主トレをスタートしたが、今は3選手ともにレギュラーを奪う立場。新たな練習場所は決まっていないが、次なるステップへむけておのおので動きだす。

 大和は今季、開幕スタメンを勝ち取ると「2番・中堅」でレギュラーに定着。西岡と1、2番コンビを形成してチームを支えてきた。6月29日の広島戦(甲子園)ではプロ入り初のサヨナラ安打も放った。8月20日のDeNA戦(横浜)で死球を受け、右手中指骨折により離脱したが、初めて規定打席に到達し打率・273、自己最多の19盗塁の成績を残した。

 来年は自身の立場を確立するために、より重要な1年になる。心機一転のスタートでさらなる飛躍の年にするつもりだ。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース