大竹 巨人へ移籍表明「悩んたが、ジャイアンツにお世話になる」

[ 2013年11月25日 13:21 ]

巨人入りを表明した大竹

 広島から国内FA宣言した大竹寛投手(30)が25日、巨人への移籍を表明した。

 マツダスタジアムに松田元オーナーを訪ね、巨人入りを報告、退団の意思を正式に伝えた。

 約20分間のあいさつを終えた大竹は会見で「いろいろ考え、ずっと悩んでいたが、ジャイアンツにお世話になることを決めた。決め手はやはり、地元(埼玉県出身)の関東で野球をやりたかったということ。12年間お世話になったカープ球団、チームメイト、ファンの皆さんには感謝の気持ちでいっぱい」と語った。

 大竹は2002年に埼玉・浦和学院高からドラフト1巡目で広島入り。主に先発で活躍し、今季は10勝10敗で2年連続2桁勝利を挙げた。通算成績は74勝78敗17セーブ、防御率3・75。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年11月25日のニュース