前橋育英にも2年生怪物!高橋光が江川超え9連続三振

[ 2013年8月13日 06:00 ]

<前橋育英・岩国商>完封勝利を挙げた、前橋育英・高橋光の帽子を飛ばしながらのピッチング

第95回全国高校野球選手権1回戦 前橋育英1―0岩国商

(8月12日 甲子園)
 1回戦2試合と2回戦1試合が行われた。前橋育英(群馬)は先発した1メートル88の長身右腕、高橋光成(こうな)投手(2年)が、大会歴代2位の9者連続を含む13奪三振で5安打完封。1―0で岩国商(山口)に競り勝ち、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。また、樟南(鹿児島)の1メートル66の小兵左腕、山下敦大投手(3年)も佐世保実(長崎)を5安打に封じ、1―0で投手戦を制した。

 甲子園のざわめきがどよめきに変わる。今大会。2年生の怪物は済美(愛媛)の安楽だけではなかった。

 「本当に楽しかった。自分でもまだ信じられない。意識はしてないが(三振を奪うと)モチベーションが上がる」

 前橋育英の2年生右腕・高橋光が三振を積み重ねていく。3回1死二塁から9番・中川を見逃し三振。それは序章にすぎなかった。6回、先頭の8番・上寺を142キロの直球で見逃し三振に仕留め、これで9者連続。あと一つで桐光学園(神奈川)・松井が昨夏に樹立した大会記録に並ぶところまで来た。しかし、一回りしてきた9番・中川が2球目をセーフティーバント。投ゴロで記録は止まった。

 試合後のセリフがまた振るっていた。「(記録は)知らなかった。知っていたら、バントができないくらいのスピードのストレートを投げたのに…」。それでも、顔は笑っていた。漂う大物感。9者連続は甲子園歴代2位の大記録。73年春に作新学院(栃木)の江川卓が打ち立てた8者連続をも超えた。終わってみれば5安打、13奪三振の完封。岩国の打者全員から三振を奪った。

 この日の最速は145キロ。1メートル88の長身を生かした角度のある直球が最大の武器だ。直球は「三振を狙う」140キロ台と、「制球を意識する」130キロ台を使い分ける。さらにスライダーと、フォークボールを自在に操る。冬場の3カ月間は300メートルダッシュを毎日20本繰り返し、体をいじめ抜いた。下半身が安定し、奪三振の内訳は直球で6、スライダーで4、フォークボールで3と幅広く奪った。的を絞らせず、1度も外野に飛球を運ばせなかった。

 初戦で敗退した浦和学院(埼玉)の2年生エース・小島からは「浦学の分まで頑張ってくれ」とメールが届いた。同じく同学年の済美・安楽も猛烈に意識する。「あっち(安楽)は自分のことを知らないと思う。活躍して知ってもらいたい」。ライバル宣言した高橋光。2年生の怪物が、また甲子園で生まれた。

 ▼岩国商・中川(セーフティーバントを試み、10者連続三振を阻止)チームの流れを変えるためにやった。(記録は)知らなかった。

 ▽甲子園の連続奪三振記録 1位は昨夏、桐光学園(神奈川)の松井裕樹が1回戦の今治西(愛媛)戦でマークした10者連続。高橋光成は歴代2位の9者連続となった。3位は26年に和歌山中の小川正太郎の8者連続。ちなみにセンバツの連続奪三振記録は73年に作新学院(栃木)の江川卓が記録した8者連続。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月13日のニュース