吉川 WBCは左肘次第「選ばれるのは光栄なこと」

[ 2012年11月13日 06:00 ]

雨の中、ファンにサインする日本ハム・吉川

 9日に左肘内側側副じん帯の炎症と診断された日本ハムのエース吉川が検査後、初めて札幌の室内練習場に姿を見せた。今季チーム最多の14勝、リーグトップの防御率1.71をマークした左腕は「肘次第ですが、問題がなければ(WBCに)選ばれるのは光栄なこと」と侍ジャパン入りに意欲を燃やしていた。

 今後の調整法については「普段から(肘に)嫌な感じがあったので、とりあえず休めて、年内に軽めのキャッチボールくらいできればいいですね」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース