巨人の金刃&仲沢と楽天の井野&横川トレード

[ 2012年11月13日 06:00 ]

 巨人・金刃憲人投手(28)、仲沢広基内野手(25)と楽天・井野卓捕手(28)、横川史学外野手(27)の交換トレードが合意に達し、13日に両球団から正式発表される。

 中継ぎ左腕が不足する楽天と、阿部に続く捕手陣の充実、一塁手の補強が急務の巨人の思惑が合致した。金刃は06年の大学・社会人ドラフトで希望枠で巨人入り。今季1軍登板はなかったが、イースタン・リーグで21試合に登板し3勝2敗、防御率2・17。1年目の07年には主に先発で7勝を挙げ、ここ数年は救援の経験も豊富。また、横川は今季1軍で打率・150だったが、潜在能力は高く一塁、外野守備をこなす左打者として期待が高い。原監督は「左のパワーヒッター、控えの捕手は補強ポイント。(両球団に)バランスのいい補強になった」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース