王さん メジャー組のWBC辞退憂う「一人でも多く来てほしい」

[ 2012年11月13日 07:05 ]

ソフトバンクの孫オーナー(右)にシーズン終了の報告を行う王球団会長(左)と秋山監督

 王貞治侍ジャパン特別顧問が、相次ぐメジャー組の出場辞退を憂いた。

 監督として臨んだ06年の第1回大会は当時メジャーから参加したイチロー、大塚を例に挙げ「ボールを打つ、投げるだけじゃない。彼らの話を聞くことは国内の選手には財産になる」と熱弁。

 直接説得に乗り出す可能性は低いが「一人でも多くの(メジャーの)選手が来てほしい」と願った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース