楽天、DeNAなどと争奪戦 阪神 五十嵐獲得に「マネーゲーム避けたい」

[ 2012年11月13日 06:00 ]

 阪神は獲得に乗り出している前ヤンキース傘下3Aの五十嵐について、今月末を期限として入団意思の有無を確認する方針を固めた。五十嵐側にも伝えたもよう。

 高知県芸西村のキャンプ宿舎で球団首脳と話し合った南信男球団社長は「こちらでリミットを切りたい。できたら11月中」と語った。

 ソフトバンク、楽天、DeNAなどとの争いになっているが、中村勝広GMは「マネーゲームは避けたい。予算の中で勝負できなければ、そう(撤退)せざるを得ない」と、五十嵐側をけん制した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース