西武 大砲補強の背景 3、4番一気に不在濃厚 渡辺監督「打てる選手を」

[ 2012年11月13日 07:32 ]

 西武が、カブスのブライアン・ラヘアー内野手(30)の獲得を目指して調査していることが12日、分かった。

 左打ちのラヘアーは1メートル96、108キロの強打者で昨季からメジャーに昇格。今季は130試合に出場し、340打数88安打、打率・259、16本塁打。初のオールスター出場も果たした。

 どうしても大砲を補強しなくてはならないチーム事情がある。主砲・中村は左膝を手術して来季開幕が絶望的で、中島も海外FA権を行使し、メジャー挑戦を目指している。

 強力打線の中核を担ってきた3、4番が一気に不在となる可能性が濃厚で、渡辺監督も「打てる選手を」とフロントに要請していた。

 また、今季代打で活躍したカーターを自由契約にしたこともあって、左打ちの助っ人は補強ポイントだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース