仙台育英 本塁打攻勢 佐々木監督「できすぎ」

[ 2012年11月13日 17:15 ]

明治神宮大会高校の部準決勝 仙台育英7―1北照

(11月13日 神宮)
 秋季東北大会4試合で32点を奪った仙台育英が、この日は2本の本塁打で7点。初の決勝進出に、佐々木監督は「できすぎ」と表情を緩ませた。

 4回に小林が3ラン、7回には上林の満塁弾で突き放した。国体で優勝した勢いのまま決勝へ。上林は「国体からいい流れ。ここまできたら優勝したい」と力強く宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年11月13日のニュース