史上初の3季連続Vへ 大阪桐蔭センバツ当確

[ 2012年10月30日 06:00 ]

秋季高校野球近畿大会

(10月29日)
 大阪桐蔭は、昨秋の準々決勝で敗れた天理に8―1で快勝。4強進出で来春のセンバツ出場をほぼ当確とし、史上初の甲子園3季連続優勝へ一歩近づいた。

 打線が13安打を放つ危なげない内容に、西谷浩一監督は「やりにくい相手。先制点を取れたのが大きかった」と表情を緩めた。阪神にドラフト1位で指名された藤浪とバッテリーを組んでいた森主将は、初回に先制二塁打を放つなど2安打の活躍。「つなぐ打撃ができた。去年負けているのでどうしても勝ちたかった」と笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月30日のニュース