ホールトン3回途中KO「ゲームを作れず申し訳ない」

[ 2012年10月30日 20:42 ]

3回途中、5失点で降板する巨人・ホールトン

日本シリーズ第3戦 巨人―日本ハム

(10月30日 札幌D)
 ソフトバンク時代の昨年も日本シリーズで白星を挙げており、両リーグで勝利投手となれば史上4人目、外国人投手では初の栄冠となった巨人・ホールトンだったが、わずか2回2/3で降板。「無駄な四球が多く、要所でボールが高くなってしまったところを逃されなかった」と話したように、稲葉に先制ソロを許した後、四球からピンチを招いて痛打を浴び、失点を重ねた。

 レギュラーシーズンでは12勝を挙げた右腕だが、中日とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦(18日)でも3回2/3で降板と、ポストシーズンは2戦連続KO。「大事な試合でゲームを作れず申し訳ない」とうなだれた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2012年10月30日のニュース