霞ケ浦の小兵1年左腕・上野 神奈川王者を撃破

[ 2012年10月30日 06:00 ]

3失点で完投勝利を挙げた霞ケ浦の1年生左腕・上野

秋季高校野球関東大会

(10月29日 上毛新聞敷島ほか)
 来春センバツの重要な参考資料となる秋季高校野球関東大会が29日、群馬県内で1回戦4試合が行われ、8強が出そろった。霞ケ浦(茨城2位)は東海大相模(神奈川1位)を5―3で下した。30日は準々決勝4試合が行われる。

 霞ケ浦は1メートル65の小兵左腕・上野が、神奈川王者の東海大相模を相手に3失点で完投勝利を挙げた。奪三振は1ながらも、散発5安打に封じ「初回を3人で抑えられて、緊張は解けました。強い気持ちでいきました」と胸を張った。今夏は1年生ながらもベンチ入り。秋季茨城大会では背番号10だったが、今大会からエースナンバーを背負う15歳は「頂点を目指したいと思います」と意欲を見せていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月30日のニュース