球児 FAでメジャー挑戦へ 既に渡米

[ 2012年10月30日 20:45 ]

 阪神の藤川球児投手(32)が来季からの米大リーグ挑戦を目指し、今季資格取得条件を満たした海外フリーエージェント権を行使することが30日、濃厚になった。複数の球界関係者の話で分かった。

 藤川投手はかねてメジャー挑戦を希望し、阪神の残留要請には態度を保留した。既に球団も来季の藤川不在を想定して補強策に着手している。さらに藤川は29日に渡米し、交渉などに備えているもよう。

 藤川は1999年に高知商高からドラフト1位で阪神入り。球界屈指の抑えとして活躍し、2007年にはプロ野球最多記録に並ぶ46セーブを挙げた。通算成績は562試合で42勝25敗220セーブ、防御率1・77。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月30日のニュース