宇都宮商 34年ぶりセンバツへ大きく前進 埼玉勢は2校4強進出

[ 2012年10月30日 15:36 ]

高校野球関東大会

(10月30日 群馬・上毛新聞敷島球場ほか)
 高校野球の関東大会は30日、群馬・上毛新聞敷島球場などで準々決勝が行われ、宇都宮商(栃木2位)が霞ケ浦(茨城2位)に5―4で逆転勝ちし、準決勝に進出。34年ぶりの春のセンバツ出場に大きく前進した。

 5点リードを追いつかれた常総学院(茨城1位)は、延長12回サヨナラ勝ちで佐野日大(栃木1位)を6―5振り切り、4強へ進んだ。

 花咲徳栄(埼玉1位)は習志野(千葉1位)に6回コールド12―0で大勝。浦和学院(埼玉2位)も前橋育英(群馬3位)に5―3で勝ち、埼玉勢がそろって4強に進んだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月30日のニュース