早大・内田 新人戦では異例の10回完投

[ 2012年10月30日 06:00 ]

東京六大学野球 新人戦第1日

(10月29日 神宮)
 1回戦2試合が行われた。第2試合では早大の内田聖人投手(1年)が10回を1人で投げ抜いて、1失点の完投。チームも慶大に3―1で競り勝った。第1試合は、立大が東大を4―1で下した。30日の準決勝は早大―法大、明大―立大の対戦となった。

 早大の最速148キロ右腕・内田が、10回を3安打1失点に抑え完投した。練習試合も含め大学初完投で「絶対勝ちにいくつもりだった」と142球の熱投を振り返った。同期の吉永は既に1年目から7勝を挙げている。自身は2番手で登板した27日の慶大戦で初勝利を挙げたばかりとあって「先発もできるところを見せられてよかった」とライバル心をのぞかせていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月30日のニュース