攻撃重視のDH制だけど…原監督「守り勝つ」

[ 2012年10月30日 06:00 ]

囲み取材に応じる原監督

 原巨人は逆転の発想で敵地を攻略する。日本シリーズで本拠地・東京ドームで連勝スタートした原監督が、30日に第3戦を迎える札幌ドームで「守り勝つ」と宣言した。「守備重視ということを考える必要があるね。守備力が高くなる、これが一番。どちらかというと守り重視で使います」。本来なら攻撃重視となるDH制だが意外な言葉を口にした。

 野手の層が厚いチームにとってDH制は本来なら攻撃力アップの後ろ盾となる。敵地で午後5時から練習開始。フリー打撃を見守りながら指揮官は、「大きな球場だし、ホームランは出づらいということもありますしね」と1点を重視した守りの野球での勝利を狙う。

 注目のDHは「皆さんが思っている人です」と明言しなかったが2戦連続で5番左翼だった高橋由だ。左翼には第2戦までベンチから外れていた亀井起用が濃厚だ。日本シリーズの40人枠をフル活用する作戦は、まさに指揮官が繰り返す「全員野球」そのもの。左翼から強肩の亀井、守備範囲の広い松本哲、昨季ゴールデングラブ賞の長野という布陣は日本ハム外野陣にもひけをとらない。

 羽田発の航空便で札幌入りしたこの日、機内では異例の激励があった。山形上空で「連勝おめでとうございます。あすから札幌でこのまま突っ走ってもらうとファンとしてはうれしく思います」と機長のアナウンス。原監督は「寝ていたよ」ととぼけたが、しっかりと受け止めた。DH制のある交流戦では17勝7敗で初優勝と結果も出た。「お互いにメリットであり、デメリットでもある。それがDH制のアヤじゃないでしょうか」。指揮官は自信を持って第3戦を奪い、一気に王手をかける。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2012年10月30日のニュース