米国14歳のナックル姫「将来W杯に出たい」

[ 2012年3月8日 06:00 ]

初来日した米国のチェルシー・ベーカー投手

 ナックルボールを自在に操る米国の野球少女、チェルシー・ベーカー投手(14)が日本の眼鏡メーカーのイベントのため初来日。7日に都内で「将来は米国女子代表に入り、ワールドカップ(W杯)に出たい」と抱負を語った。

 ベーカーは10年、男子相手に2度の完全試合を達成。日本女子のナックルボーラーとして有名な吉田えりとも親交があり、9日の再会を楽しみにしているという。米国代表は年齢制限があり、今夏にカナダであるW杯には出場できないが、将来的には大会2連覇中の日本代表にとっても強敵になりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月8日のニュース