平日の昼間にもかかわらず ダルに熱い声援「国民的英雄のようだ」

[ 2012年3月8日 09:40 ]

パドレス戦で初登板するレンジャーズのダルビッシュの応援に駆けつけた日本人のファン

 レンジャーズのダルビッシュ有投手(25)が7日、アリゾナ州ピオリアでオープン戦に初登板した。試合開始時の気温が15度と普段より肌寒い中、2910人の観衆が注目のマウンドを見守った。

 平日の昼間ということもあってスタンドはやや寂しかったが、ダルビッシュ投手の投球に熱い声援が送られた。走者を背負うと「カモン、ユー(有)」と声が上がり、2回のピンチを無失点で切り抜けてベンチに引き揚げる際には、立ち上がって拍手するファンの姿も多く見られた。

 日本人のファンだけでなく、「野球」と漢字で書かれたレンジャーズのTシャツを着て熱心に応援する米国人のファンも。ダルビッシュが球場入りする際には、一目見ようとする人垣がクラブハウスの周辺にでき、レンジャーズファンからは「国民的英雄のようだ」との声が漏れた。

 日本では早朝にもかかわらずテレビで生中継された。米国でもスポーツ専門局ESPNが試合序盤の対決を生放送で流し、FOXテレビも男子の大学バスケットボールを放送する合間にハイライト映像を入れるなど、関心の高さをうかがわせた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月8日のニュース