イチ流3番で3の3!川崎2番で「連番効果」実感

[ 2012年3月8日 06:00 ]

レッズ戦の3回、左前適時打を放つマリナーズのイチロー

オープン戦 マリナーズ8-6レッズ

(3月6日 ピオリア)
 マリナーズのイチロー外野手(38)が6日(日本時間7日)、レッズ戦に「3番・右翼」で出場し、2本の適時打を含む3安打2打点。オープン戦での猛打賞は4年ぶり。全て単打ながら、昨季までのリードオフマン時代の柔軟な対応力を発揮しての「イチロー流」の3番像で勝負強さを発揮した。また、同戦では2番に川崎宗則内野手(30)が入ったことで、初の「連番」効果も実感。「イチ・ムネ」コンビが、マ軍の攻撃に新風を吹かせる。
【日程と結果】

 打順が変わっても、イチローはイチローだった。オープン戦出場3試合目にして、自身の描く3番像を体現した。

 「僕が僕であることはもう変えられない。3番に入ったことで、ホームランが増えるはずもないし、それを分かって(監督も)そこ(3番)に置いているわけだから。やれることは変わらない」

 3回無死満塁での第2打席。1ボール2ストライクと追い込まれながら、内角に食い込むツーシームに対し、詰まりつつも体をうまく回転して左前に運んだ。次打席となった4回2死一、三塁では一転、初球から攻撃的に仕掛け、直球を力強く右前に引っ張った。長打ではないものの、2度の得点圏でともに適時打。実戦の中で柔軟な対応力を発揮する姿は、リードオフマン時代と何ら変わりなく、エリク・ウェッジ監督も「彼は野球をよく知っている。3番で大丈夫だ」と目を細めた。

 2番に入った川崎との初の「連番」の効果も実感できた。象徴的だったのは、左翼手が飛球を見失う幸運な左前打を放った初回。四球で出塁していた川崎が一塁走者として、「圧力」をかける。大きな離塁に、相手投手はイチローの打席で、けん制、ボール、けん制、けん制、ボールと投球に集中できない。そして、イチローは2ボールからの直球を叩いた。

 それだけに、試合後のクラブハウスで、川崎と隣同士に並ぶロッカーに腰を下ろすと、「俺のことより、きょうのムネ(川崎)のバント、あれは凄いでしょ」と絶賛。さらに、川崎の新加入によるメジャー12年目の変化も口にした。「野球の話をダッグアウトできっちりできることで次につながっていく。情報を共有して何かを生み出す。日本でやっていると当たり前のことも、こちらで日本人が一人でやる時は、それがない。それが面白いっていうか、楽しいというか。忘れていたものです」と続けた。

 弟分のアシストを受けながら、ポイントゲッターとしての資質の高さを誇示したイチロー。メジャーではチームNo・1の長打力を誇る打者が座る3番。最強打順といわれるゆえんだが、イチローがこれまでの3番の常識を覆していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年3月8日のニュース