城島 和式トイレは“クリア”左膝は最終段階直前

[ 2011年2月4日 06:00 ]

 左膝半月板の縫合手術から再起を期す阪神の城島が、2軍の安芸キャンプで第1クールを終えた。

 20種類以上の下半身強化メニューを精力的に消化した城島は昨年12月中旬、和式トイレを使用した事実を初告白して「最初は和式便所をクリアしないと。12月中にクリアできたということは(膝の角度が)90度、クリアできたというわけです」。左膝の曲げ込みは最終段階直前。「キャッチャーじゃなければ、もうほとんど問題ない」と話す城島の視線は3・25開幕戦をにらんでいる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月4日のニュース