ナンバー1野手の慶大・伊藤は「由伸以来」の逸材

[ 2011年2月4日 06:00 ]

 東京六大学の慶大が3日、横浜市内のグラウンドで練習始めを行った。今秋ドラフト上位候補の伊藤隼太外野手(3年)は巨人、ヤクルト、広島、横浜、オリックスの5球団のスカウトが見守る中、素振りなどのメニューで始動した。

 東海大・菅野の1位指名を決めている巨人・山下哲治スカウト部長も「野手ではトップ評価。これだけの選手はウチの(高橋)由伸以来」と高評価した。1月末に慶大OBの高橋から「来年は斎藤(日本ハム)みたいに騒がれるようになれよ」とエールを送られ、斎藤からは「六大学を盛り上げてくれ」とメールが来たことも明かした伊藤は「斎藤さんが抜けて盛り上がりに欠けると言われたくない。その使命は感じている」と今季の大暴れを誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2011年2月4日のニュース