斎藤はオープン戦全戦帯同 1軍最終テストは阪神戦の予定

[ 2010年12月15日 08:26 ]

 日本ハムは、将来のエース候補である斎藤には、基本的にオープン戦全戦帯同で、実戦経験を積ませながら英才教育が施される方針だ。

 14日に来春のオープン戦日程が発表され、日本ハムは2月26日のロッテ戦(名護)を初戦に計16試合。その中、梨田監督はオープン戦最終戦となる3月21日の阪神戦(札幌ドーム)で斎藤を登板させる意向だ。近鉄時代に監督とコーチの間柄で盟友だった真弓監督と今月11日の「プロ野球28年会」で対面した際、指揮官は「(19日からの阪神3連戦の)最後に佑ちゃんを投げさせるよ」と確約。順調ならば同戦が開幕1軍の最終テストになる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース