高橋尚成 松井に「緑は似合わないんじゃないの?」

[ 2010年12月15日 08:21 ]

グラウンドの外周を笑顔で走る高橋

 エンゼルス入りした高橋が、巨人時代の1年先輩でもある松井との対戦へ早くも思いをはせた。

 14日に都内で自主トレを行った高橋は松井のアスレチックス合意に「できたら一緒にエンゼルスでプレーしたかった」とした後「敵チームとして対戦は7年ぶり。ヤンキースが日本に来た時以来。抑える抑えないとかではなく勝負を楽しめれば」と話した。

 ヤ軍が日本開幕戦を行った04年、公式戦前の3月28日のオープン戦でヤ軍・松井に中堅左へ特大アーチを被弾。さらに右前打されたシーンは今も強く心に残っている。ア軍戦は2月28日と3月25日にオープン戦があり、公式戦も4月25~27日を皮切りに18試合ある。同地区とあって対戦の機会は多く「緑のユニホームはまた似合わないんじゃないの?(エンゼルスの)赤で似合わないと言われてて…」とリベンジへ口撃も忘れなかった。

 ア・リーグ西地区全4球団に日本選手がそろったとあって「イチローさんと松井さん、レンジャーズには建山君もいるし、凄い刺激になる」と表情を引き締めていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース