松井父「あと1本 開幕戦にホームランで決めてほしいね」

[ 2010年12月15日 11:19 ]

 アスレチックス移籍が決まった松井秀喜(36)の出身地の石川県では15日、恩師らが「よかった」と安堵し、新天地での活躍を期待した。

 星稜高校野球部時代の恩師、山下智茂総監督(65)は「よかったと思う。また初心に戻って頑張ってほしい」とほっとした様子。「日本は今元気がないから、ホームランをもっと打って盛り上げてほしい」と激励した。
 父松井昌雄さん(68)は昨夜、松井本人から電話で報告を受けた。
 「落ち着いた声だった。今季はもう少しやれたと本人は感じてるだろうし、来季への意気込みを感じる」とアスレチックスでの活躍を期待。「日米通算2500安打まであと1本。開幕戦にホームランで決めてほしいね」と声を弾ませた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース