4番の責務果たせず 村田は4千万円減で単年契約

[ 2010年12月15日 17:48 ]

 横浜の村田内野手が15日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、4千万円減の年俸2億2千万円プラス出来高払いでサインした。

 今季は全144試合で4番を務めたが打率2割5分7厘、26本塁打と不振。チームは3年連続最下位に終わった。国内フリーエージェント(FA)権を行使せず、単年契約を結び「野球に対する考えを改める、いい勉強になった。1年勝負の方が引き締まる。タイトルを取りたい」と話した。新たにキャプテンに就任し、順位に応じた出来高も設定された。「(優勝から)限りなく遠いところにいる。強い気持ちでやりたい」と巻き返しを誓った。(金額は推定)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース