今オフの目玉 リーがフィリーズと合意

[ 2010年12月15日 06:00 ]

 今オフFA市場で最大の目玉だった、レンジャーズからFAのクリフ・リー投手(32)が13日(日本時間14日)、古巣のフィリーズと基本合意した。

 契約は5年総額1億2000万ドル(約100億8000万円)とみられる。ヤンキースかレンジャーズが本命視されていた争奪戦で、水面下で動いていたフ軍が強奪に成功した。リーは昨季途中からフ軍に在籍し、同年終了後にマリナーズに交換トレードで放出された際は号泣。「フィラデルフィアで野球人生を終えると思っていた」と訴えるほど、同チームに愛着があった。02年にインディアンスでデビューしたリーは通算102勝61敗。08年に22勝を挙げ、サイ・ヤング賞に輝いている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース