斎藤フィーバーに備え名護でシャトルバス計画

[ 2010年12月15日 06:00 ]

 来年2月1日から日本ハムが春季キャンプを行う沖縄・名護で「佑ちゃんバス」が運行される可能性が浮上した。

 名護市役所関係者は「名護漁港から名護球場までシャトルバスを出すことを検討しています」。本球場周辺には駐車場が少なく、斎藤目当てにファンが大挙した場合に対応できないのが実情だ。そこで約2キロ離れた漁港にある1000台分の駐車スペースを利用し、ここからバスを発着させてファンを送迎しようというものだ。これまで新庄、ダルビッシュ、中田が入団した際も見られなかった異例の態勢で大フィーバーに備える。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2010年12月15日のニュース