リオス「球団におわびを申し上げる」

[ 2008年6月28日 21:29 ]

記者会見を終え引き揚げる、日本プロ野球組織の根来泰周コミッショナー代行。左は長谷川一雄事務局長

ヤクルト・リオスが薬物違反、契約解除に 

 ◆リオス問題関連談話

 ▼ダニエル・リオス投手の話 日本のプロ野球界とヤクルト球団におわびを申し上げる。しかし、処分は若干重いのではないか。35歳の年齢を考えると1年間の出場停止処分は野球の道を閉ざすのと同じ。異議申し立てをするかどうかは家族や弁護士と相談して決めたい。

 ▼日本プロ野球選手会・宮本慎也(ヤクルト)会長の話 まだ本人が異議申し立てをするのかどうかも含めて分からないし、軽々しく話はできない。ただ、チームメートとしてはショックだし残念。

 ▼阪神・沼沢正二球団本部長の話 オフに帰国する外国人は、注意をしないといけない。(日本を)離れると、すぐにトレーナーがどうこうと(アドバイス)できない。日本人選手にしても、きっちりと注意喚起していく。

 ▼ソフトバンク・角田雅司球団代表の話 選手にはドーピング手帳を必ず携帯しなさい、と言っている。定期的な話し合いで意識してもらう。

(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年6月28日のニュース