やっぱり…松井秀DL入り、復帰は最短で7・8

[ 2008年6月28日 08:40 ]

試合前にトレーナー(右)からランニングのチェックを受け、引き揚げるヤンキースの松井秀

 米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜外野手が27日、左ひざ痛のため15日間の故障者リスト(DL)入りすることが決まった。

 23日から出場していないため、23日にさかのぼってDLに登録される。復帰登録は最短で7月8日のレイズ戦。ジョー・ジラルディ監督がメッツとのダブルヘッダーの第1試合後に明らかにした。第1試合は6―15で敗れた。

 27日、松井秀は昼前に球場入りし、チームドクターの診察を受けた。その後、チーフトレーナーらを伴って外野で軽いランニングの後、ダッシュ3本をこなした。第1試合に出場せず、この時点で3試合連続の欠場。シェイ・スタジアムに球場を移して行われる第2試合には同行しなかった。
 オフに右ひざの手術を受けた松井秀は今季、69試合に出場して打率3割2分3厘、7本塁打、34打点。一時はア・リーグ打率トップに立った。しかし、今度は巨人時代から不安のあった左ひざに痛みが出て、6月になり欠場が目立っていた。

 ▼松井秀の話 仕方ないです。まずはひざの状態を落ち着かせること。それからまたしっかり準備したい。試合は出ようと思えば(今も)出られる。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年6月28日のニュース