緩急自在だマエケン 7回きっちり1失点

[ 2008年6月28日 06:00 ]

<広島・巨人>2勝目をあげファンにサインボールを投げ入れる前田健

 【広島6―1巨人】広島の20歳右腕が、巨人打線をきりきり舞いさせた。18日の日本ハム戦で7回まで無安打に抑え、プロ初勝利を挙げた前田健が2勝目。リーグ戦再開の大事な初戦に抜てきされ「絶対に勝つ、という気持ちで上がった。信頼を勝ち取りたかった」と興奮気味にまくしたてた。昨年、高校生ドラフト1巡目で大阪・PL学園から入団。高校の関係者が「身体能力は松井稼頭央や桑田クラス」と絶賛した逸材で、この日も緩急を自在に操りながら7回を3安打1失点に抑えた。

 名字は前田智、名前は栗原と重複するため、愛称は「マエケン」。ブラウン監督も「彼ならやってくれると思ったんだ」と、背番号18の急成長に目を細めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年6月28日のニュース