大丈夫?巨人ミスだらけでリーグ戦再開

[ 2008年6月28日 06:00 ]

<広島・巨人>5回裏無死、一、三塁、小窪の遊ゴロで三塁走者・アレックスアウトになるも阿部(左)の悪送球で一塁走者・シーボルの生還を許す(三塁手・古城、遊撃手・坂本)

 【巨人1―6広島】巨人はリーグ再開の節目の試合でミスが続出した。連敗で勝率は5割に逆戻り。原監督は「しっかり守ることが大事。リズムが大事になってくる」と手痛い敗戦を振り返った。

 2回に先制点を献上した先発のグライシンガーは3回、1死二塁で天谷の一塁へのゴロでベースカバーに遅れた(記録は内野安打)。微妙なタイミングのセーフ判定に吉本一塁塁審に向かって、二言三言を吐き捨てた助っ人は直後、栗原に3ランを浴びた。5回5失点で6敗目。次回の内容次第では2軍落ちの可能性もある右腕は「冷静さを失っていないが、判定には不満がある」と険しい表情で振り返った。
 5回は右翼・高橋由の失策も絡んで無死一、三塁。小窪の遊ゴロで三塁走者を三本間で挟殺に仕留めた直後、一塁走者の三塁進塁を防ぐために捕手・阿部が投じた送球を走者に気を取られていた三塁・古城が後逸(記録は三塁の失策)。決定的な5点目を献上した。阿部は「ボクの暴投だと思っている。今後もあると思うので話し合いたい」と反省しきりだ。打線も対戦経験が少ない前田健に淡泊な攻撃を繰り返して1点のみ。原監督も「終始、広島のペースだった」と脱帽した。気が付けば4位・広島と0・5差。もう一度、気を引き締めるしかない。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2008年6月28日のニュース