×

笹生 悪天候でも68、3差5位浮上 初出場楽しんで優勝争い残った

[ 2022年1月24日 02:30 ]

米女子ゴルフツアー ヒルトングランドバケーションズ・チャンピオンズ第3日 ( 2022年1月22日    フロリダ州レークノナ・クラブ=6617ヤード、パー72 )

悪天候も5位に浮上した笹生(AP)
Photo By AP

 7位から出た笹生優花(20=ICTSI)は5バーディー、1ボギーの68と伸ばし通算10アンダーの5位に順位を上げた。首位と3打差。畑岡奈紗(23=アビームコンサルティング)は1バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの76と落とし通算2オーバーの20位。世界ランキング1位のネリー・コルダ(23=米国)が通算13アンダーで首位を維持した。

 温暖なフロリダでダウンを着込む選手がいるほど冷え込み、雨も降る悪条件の一日。レインウエアやカイロで対策をした笹生は「こんなに寒くなるとは」と苦笑いしながらも、この日のベストスコア68をマークした。

 好スコアの要因はグリーン上にある。「2日目までに比べてパットが良かった」。2番で3メートル、7番では2メートルと微妙な距離のチャンスを沈め、優勝争いに踏みとどまった。

 各界の著名人とのプロアマ形式で実施される今大会。この日は、元MLBのティム・ウェークフィールド氏らと談笑しながら回り「本当に飛ぶ。何ホールか負けた(笑い)」と、初出場の大会を楽しんでいることも上位で戦える理由の一つ。3打差を追う最終日へ、「ベストを尽くしたい」と全米女子オープン以来の米2勝目を狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2022年1月24日のニュース