テニス全仏オープン 新型コロナの影響で開幕1週間延期

[ 2021年4月9日 05:30 ]

 テニスの全仏オープンが新型コロナウイルスの影響を受け、開幕を当初の5月23日から30日に1週間遅らせることが8日に発表された。予選は24~28日、大会は6月13日まで行われる。

 9~10月に時期をずらした昨年に続く延期。変異株による感染再拡大への警戒からフランスは3日に外出規制を強化していた。東京五輪のテニスと東京パラリンピックの車いすテニスは全仏直後の世界ランキングで大半の出場選手が決まるため、6月7日付としている現方式も変更の可能性が高い。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年4月9日のニュース