内閣官房も英紙の東京五輪中止報道を否定「一丸となって準備に取り組んでいる」

[ 2021年1月22日 13:31 ]

新国立競技場とJOCビル前の五輪マーク
Photo By スポニチ

 英紙タイムズ(電子版)が、東京五輪は新型コロナウイルスの影響で「日本政府が中止せざるを得ないと内々に結論づけた」と21日に報じたことを受け、内閣官房が22日にコメントを発表して内容を否定した。

 「本日、日本政府が東京大会の中止を非公式に結論付けたとの旨の報道がございましたが、そのような事実は全くございません。東京大会については、昨年7月のIOC総会において、本年7月23日のオリンピック大会の開会式を皮切りに、競技スケジュールとその会場が決定されており、現在、本年夏からの大会の成功に向けて、大会関係者が一丸となって準備に取り組んでいるところです。政府としては、新型コロナウイルス感染症対策を万全にして、安全・安心な大会の開催に向けて、引き続き、IOCや大会組織委員会、東京都などと緊密に連携して、大会に向けた準備をしっかりと進めてまいります」

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「テニス」特集記事

2021年1月22日のニュース